鮒ずしの食べ方や料理レシピ

鮒寿司の食べ方 料理レシピ お茶漬けなど

お酒との相性が良い、鮒寿司や鮎の薫製など、食べ方やレシピを提案いたします。特に鮒ずし茶漬けは大変人気のある食べ方です。

鮒寿司を使った酒の肴

鮒寿司を使った酒の肴

シンプルな食べ方ですが、鮒寿司の味を思い切り体感して頂けるレシピです。薄切りの鮒寿司を用意し、まわりについているご飯を少し取り除きます。お好みにより、醤油、わさび醤油、大根おろし、七味などのお薬味を添えてお召し上がり下さい。滋賀県産の大吟醸酒とのマリアージュは最高です。当店のスペシャリテ「鮒寿司子持ちにごろ鮒スライスLL」と共にお楽しみ下さいませ。

鮒ずし茶漬け

鮒ずし茶漬け

温かいご飯の下に鮒寿司の切身を2片、そして上に2〜3片をのせ、ごくわずかな塩を加えて、熱湯や番茶を注ぎます(昆布だしだと更に美味)。蓋をして、しばらくたってからお召し上がりください。お好みにより、とろろ昆布、刻み塩昆布、白胡麻、青み、海苔を添えると、より一層美味しくお召し上がり頂けます。お酒が苦手な方、料理の締め、小腹がすいたときに、鮒鮨のお茶漬けは極上の逸品となります。

鮒寿司の雑炊

鮒寿司の雑炊

鮒寿司を刻んで入れ、露生姜をきかせてお召し上がりください。お好みにより。玉子でとじてもおいしいです。鮒鮨は七草粥などにもよく合います。二日酔い、風邪などで胃腸が弱ったときに、鮒ずしのお雑炊は、回復力を発揮してくれます。

鮒寿司の天ぷら

鮒寿司の天ぷら

鮒寿司の切身に衣を付け、青じそに包んで更に衣を付けたら、さっと揚げます。揚げたてを天つゆ、塩、醤油などにつけてお召し上がりください。

鮒寿司のお吸い物

鮒寿司のお吸い物

鮒寿司を2〜3片をお椀に入れます。とろろ昆布、針生姜を浮かべ、熱湯を注いで2〜3分置いてからお召し上がりください。頭と尾を入れて、夏の風物詩である「じゅんさい」や刻み葱を添え、熱湯の代わりに昆布だしをかけても、おいしくお召し上がりいただけます。

鮒寿司のお味噌汁

鮒寿司のお味噌汁

鮒寿司の頭、尾を刻んで、ダシに白味噌を濃いめに仕立て、刻み葱などの青み野菜を浮かべてお召し上がりください。西京味噌、赤味噌など、色々とお試し下さいませ。

鮒寿司薫製のインサラータ・カプレーゼ

鮒寿司薫製のインサラータ・カプレーゼ

トマト、モッツァレラチーズを均等にスライスします。続いてモッツァレラチーズ、鮒寿司薫製、トマトを交互にサンド。岩塩とブラックペッパー(黒胡椒)をぱらりと振り、その上からオリーブオイルをかけて、バジルを添えてお召し上がり下さい。鮒寿司薫製の豊かな香ばしさ、チーズのミルキーな食感、トマトの酸味が調和したイタリアンテイストな味わいです。濃厚な赤ワイン、黒ビールなどとの相性がよく、やみつきになるレシピです。鮎の薫製でもお試し下さいませ。薫製系は古酒とのマリアージュも素晴らしく、近江の地酒と合わせても美味しくお召し上がり頂けます。

飯(いい)のクラッカー乗せ

鮒寿司を発酵させたご飯とクラッカーを用意します。ご飯はお好みの量をクラッカーにのせて、お召し上がり下さい。酸味の強いご飯がクラッカーの香ばしさに中和され、食べやすくなります。整腸作用、お肌によい、がん予防の力があると話題の乳酸菌。それらがたっぷりと詰まった近江米を、気軽に摂取して頂けます。

鮎の一夜干し

鮎の一夜干し

鮎のカルシウムはメザシの1.4倍と言われています。キッチンペーパーなどに油を含ませ、焼き網や魚焼きグリルに塗ります。袋から鮎の一夜干しを取り出し、中火で5〜10分程度、焼色が付くか付かない程度に炙ると、香ばしさと甘みが最大限に引き出されます。炊きたての白ご飯はもちろん、赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン、クラフトビール、エールビール、梅酒ロック、日本酒、純米大吟醸酒、ウイスキー……幅広い相性の良さを発揮します。

鮎の薫製

鮎の薫製

鮎の薫製」は、鮎の一夜干しと同様、軽く炙ると、一層美味しくお召し上がり頂けます。琵琶湖産の天然鮎は脂が乗っており、大変ジューシーです。骨までぱりぱりで、干物が好きな方にぜひ試して頂きたい一品。すぐに食べることができるので、和朝食やお酒のつまみとしてもおすすめです。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

大川 吉洋

滋賀県竜王町橋本にて鮒寿司の製造販売を行っている鮒味(ふなちか)です。においを抑えた円やかな味が自慢の鮒寿司をぜひご賞味くださいませ。琵琶湖の鮒ずし日記ではお店や商品のこと、滋賀県情報、店主の趣味など、ざっくばらんにお伝え致します。